痛風と糖尿病

痛風と糖尿病

痛風にかかる人は、合併症として糖尿病にかかることが多いです。何故、痛風の人は糖尿病を合併するのでしょうか?痛風は「贅沢病」と言われているように、食生活の乱れなどの生活習慣病が発症のリスクを高めます。糖尿病も同じように、主に不摂生な食事が病気の根本にかかわってきます。

 

また、痛風と糖尿病はどちらとも、血流障害や心臓機能の低下が起きることによって発症するリスクが高くなる病気です。このように痛風と糖尿病のは共通する点がいくつあります。つまり、痛風にかかりやすい生活を送っている人は、糖尿にもかかりやいといえます。これがこのふたつを合併して患う人が多い理由です。

 

どちらかの病気が発覚した際には、もうひとつの病気が発症するリスクがあることを考え、病院でかを調べてもらうと良いでしょう。痛風と糖尿病の合併率が高いのは上で述べましたが、更にそれぞれが他の合併症を引き起こし、それぞれが引き起こす合併症はとても怖い病気なので気を付けなければなりません。

 

痛風の合併症として代表的なのが、血管が詰まってしまう「動脈硬化症」、結晶化した尿酸が尿路内部を傷つけたり塞いでしまう「尿路結石」、「腎機能障害」や「肝機能障害」などです。

 

糖尿病の合併症として特に怖いのは進展すると失明の原因となる「糖尿病性網膜症」や、腎機能が弱り尿を作れなくなって人工透析が必要になることもある「糖尿病性腎症」、手足に痛みやしびれが起きる「糖尿病性神経痛」などです。他にも意識障害が起きれば脳への損傷に繋がることがありますし、手足の壊死などが起きれば最悪の場合切断せざるを得ないこともあります。

 

痛風と糖尿病は「家族性」のある疾患です。特にこのふたつは他の生活習慣病に比べて、家族の人たちまで発症するリスクというのがとても高いです。食生活や生活の仕方を共にしており、発症した家族と同じような条件のため、病気へのリスクがあると言えます。食生活の乱れや生活習慣を見直すことは、自分の病状の改善だけではなく、家族の発症を予防することに繋がります。