痛風の症状

痛風の症状

いつも通りの日常生活を送っている時に、痛風は突然の激しい痛みとして襲ってきます。痛風は「関節炎」という、関節が炎症を起こしている状態です。私達の体内では尿酸が産生され、後に排泄されます。ですが、生産と排泄のバランスが崩れてしまうと、この尿酸値が上り、「高尿酸血症」になります。尿酸は結晶化し、関節とその周りに溜まり関節炎を起こさせ、痛みを引き起こしてしまうのです。これが痛風の仕組みです。

 

痛風の痛みは「骨折よりも痛い」「風が吹くだけで痛い」と言われています。また、発作のように突然痛み出すので、痛風の痛みは「痛風発作」と呼ばれています。痛風発作は主に足の親指の付け根で起きます。痛風の人の約70%が、この部位の痛みを訴えます。足の親指の付け根以外では、足首や膝、手首や肘などにも症状が起こります。

 

痛風発作は、ある部位1箇所のみが痛み、複数の部位が同時に痛むということはないのが痛み方の特徴です。2ケ所の部位が痛むこともあるようですが、それも希であり、又、3〜4ヶ所が痛むことはありません。

 

痛風の治療とはどのようなものなのでしょう。

 

痛風発作が起きる原因である尿酸値を下げる治療をすれば良いのかと思いきや、尿酸値を急激に下げてしまうと痛風発作が悪化してしまうので、まずは痛みの原因である関節の炎症を抑える治療を行っていきます。この治療には、抗炎症作用のあるステロイドの投与や鎮痛剤が用いられます。これらを行うことによって約1週間程度で痛みが軽減・消失されます。ここからは痛風発作の原因である尿酸値を下げる治療を行っていきます。

 

痛風の治療には流れがあるので、定期的な病院の受診が大切となってきます。しかし、痛みが和らいだ段階で通院をやめてしまう人が多いのです。高尿酸血症という根本的な原因は治っていないので、いつまた突然痛み出してもおかしくありません。痛風発作はだんだんと間隔が短くなりますし、更に放っておくことで合併症を起こす恐れもあります。症状を重くしないためにも、定期的な病院の受診を心がけましょう。