痛風の原因

痛風の原因

痛風は、通常体内で生産され排出されるはずの尿酸が蓄積してしまい、溶けきれなくなった尿酸が結晶化して関節の周りに溜まって炎症を起こしてしまう病気です。では何故、尿酸は蓄積されるのでしょう?

 

その原因は3つのタイプに分けられます。
1つ目は、体内で尿酸が過剰に生産されてしまうタイプ。
2つ目は、生産された尿酸の排泄が抑制されてしまうタイプ。
3つ目は、上の両方を併せ持つタイプ。

 

尿酸は、体内に存在する「プリン体」という成分から作られます。プリン体を食事で摂取することでも同じように尿酸が作られるため、プリン体を多く含んだ食品を沢山摂りすぎることで痛風になるリスクが高まります。プリン体が多く含まれている食品の代表として、ビールや日本酒、エビやカツオ、イワシ、レバーなどが挙げられます。

 

 

痛風に注意が必要なのは、肥満気味の人です。肥満になりやすい食生活はプリン体の過剰摂取に繋がると言え、また、肥満の人は尿酸の排泄がされにくくなっています。ですので、肥満気味の人は、痛風になるリスクがとても高いのです。

 

また、ストレスを溜め込みやすい人も痛風になりやすいと言われています。ストレスを感じると交感神経が優位に働き、体内で尿酸が過剰に生産されてしまいます。同時に、生産された尿酸の排泄が抑制されてしまいます。

 

こういった原因を見てみると、贅沢な食生活や、社会に揉まれストレスを抱えながら生きている現代人特有の病気と言えます。食生活や生活習慣を見直し、ストレスを溜め込みすぎないようにしたり、解消法を探してみるのも良いですね。心身ともに健康的な生活を心掛けることが、痛風を予防するために最も効果的な手段です。