痛風に効く漢方

痛風に効く漢方

中国(漢)で発達し日本に渡ってきた伝統医学を漢方医学、漢方と良い、漢方薬とは漢方医学で使用される薬です。原則2種類以上の植物、動物、鉱物由来の天然生薬からできています。患者さんの症状に合わせて、体全体のバランスを整える考えのもと処方され、検査で以上が発見されないような症状にも効き目を見せるといった特徴があり、近年ではおおくの医師が取り扱うようになりました。

 

痛風は、体内で生産される尿酸がうまく排出されないことで蓄積して、結晶化して関節に炎症を起こすことで発症します。痛風の痛みを抑えたり、関節の炎症を抑える知慮や、尿酸を溶かす薬の投与で尿酸値を下げる治療を行うことで痛風の痛みを起こさなくします。

 

漢方医学では体全体のバランスを整えることで健康を考えており、「すべての疾病は、三毒よりおこる。」と考えらています。病気や疾患は三毒(血毒、水毒、食毒)のいずれかの毒によって引き起こされると言われ、痛風はこのうちの「食毒」から引き起こされる病気とされています。
食毒に効果のある漢方薬を使用し、治療を行っていきます。特に痛風に効き目を発揮するものが以下のような漢方薬です。

 

大柴胡湯(だいさいことう)
脂質代謝に働きかけ、肥満症の改善に効果がある。肝臓、胆のう、胃腸の疾患、高血圧に伴う頭痛、頭重、肩こり、めまいなどの解消に効果的。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
交感神経に働きかけ、溜まった老廃物の排泄を助ける。脂肪を分解・燃焼し、肥満症の改善に効果がある。高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘に効果がある。

 

越婢加朮湯(えっぴがじゅつとう)
体の熱や腫れ、あるいは痛みなどを発散して治す。腎炎、ネフローゼ、関節リウマチ、湿疹などに効果がある。むくみや尿量減少、口の渇きなどにも効き目がある。

 

大防風湯(だいぼうふうとう)
関節の腫れ、痛み、麻痺、強直といった症状の際に用いる。下肢の関節リウマチ、慢性関節炎、痛風などの症状に効果がある。

 

?苡仁湯(よくいにんとう)
関節の腫れ、痛みといった症状の際に用いる。血液循環の改善、利尿作用、鎮痛作用、抗炎症作用が期待できる。リウマチなどの関節が痛む病気に使用される。

 

西洋医学とは異なった考えのもと治療する漢方医学。医師の指導のもと、自分に合った薬を見つけ、改善の対策の1つとして取り入れてみるのもよいかもしれません。