痛風にはお茶が良い?

痛風にはお茶が良い?

痛風は、高尿酸血症の人がかかる病気です。通常なら生産された尿酸は排出され、その値を一定に保っていますが、うまく排出されずに蓄積してしまうことがあります。蓄積すると結晶化して、関節に炎症を起こさせて痛み出してしまうのです。蓄積を予防するには、もしくは高尿酸血症を改善するには、尿からの排出を促したりして尿酸値を下げる必要があります。

 

 

痛風の予防には水分をよく摂ることが良いとされています。これは水分を多くとって、できるだけ尿を出すようにするためです。そこで、水を飲むことも良いのですが、お茶を飲むのも良いと言います。お茶、特に緑茶や抹茶ですが、利尿作用を持っています。これにより水を飲んだ時よりも尿の排出を促すので尿酸値の低下を期待することができます。

 

更に、茶葉に含まれている様々な有効成分が、血糖値を下げてくれたり、生活習慣病を予防してくれるので、お茶を飲むと様々なメリットがあると言えるでしょう。しかし問題もあり、痛風に良い効果を示してくれるお茶なのですが、カフェインが多く含まれています。

 

カフェインは不眠の原因などになりますので、摂取を控えたほうがいいという人もいるかもしれませんね。そんな人には番茶やハーブティーなどがおすすめです。カフェインが少ないものや、カフェインゼロのお茶を選ぶとよいでしょう。同じ生の茶葉から作られるウーロン茶は、血糖値を上げるというふうに言われることがあります。

 

生の茶葉を発酵させる際に増えたブドウ糖が関係しているという声もあります。血糖値が上がることは糖尿病などを悪化させますので、痛風の合併症として糖尿病を患っている人や注意が必要な人は、飲むお茶の種類を選ぶことが必要ですね。痛風改善を助けるお茶ですが、どんなお茶なら飲んでも大丈夫なのか、医師に相談しながら役立てていくようにしていって下さい。