痛風の痛み止めに効く市販薬

痛風の痛み止めに効く市販薬

ある日突然に、痛風の発作は襲ってきます。まったく前兆がないわけではありません。ピリピリするといった違和感を発作の前に覚えるという方もいます。しかし、この違和感を認識できる方はそう多くありません。そのため、多くのケースで、足の親指の付け根や足首などに激しい痛みを突然に感じることになります。

 

痛風発作が足の親指の付け根に発生すると、激痛のあまり、靴下や靴を履けなくなります。それどころか、痛くて歩くこともできないという状態になります。「痛風」という病名の由来は、「風が吹いただけでも痛い」という、その激痛から来ているとされています。それほどに痛風発作時の痛みは強く、耐え難いほどだといいます。

 

この痛風発作は、数日のうちに治まってきます。一般的には、3日ほど経過すると痛みが徐々に緩和してくるといわれています。とはいえ、歩けないほどの痛みが3日間も続くのは非常に辛いことです。

 

しかし、痛風発作が初めて起きたときは、歩くことさえ困難です。そのため、医療機関に受診に向かうこともできなません。また当然、痛み止めを医師から処方されているはずもありません。

 

こういったケースでは、市販薬の痛み止めを服用し、とりあえずの応急処置としようとする方もいるかもしれません。しかし、これには注意が必要です。というのも、特定の種類の市販薬を服用した場合、むしろ痛風発作を悪化させてしまうこともありえるからです。

 

現在、多くの痛み止めが市販薬として販売されています。アスピリンを主成分としているものも、その中には含まれています。痛み止めとして指示されている通常の用量を服用した場合、アスピリンは尿酸値を下げる作用を起こします。

 

一見したところ、それが問題あるようには見えません。高い尿酸値が痛風の原因であるわけですから、それを下げるのなら痛風発作の改善になるのでは、とも思えます。

 

しかし、尿酸値が痛風発作の最中に急激に低下した場合、尿酸の結晶化が促進されてしまうのです。そのため、発作が長引いたり、悪化してしまうこともあり得るのです。また、同じアスピリンの服用でも、それが少量である場合、尿酸値が上昇するという逆の作用が起こります。

 

以上のことから、痛風発作の痛みを緩和したくとも、市販のアスピリン系の痛み止めを安易に使用することは避けるべきです。「激痛で動けず、病院に行けない。しかし、何とか痛みを緩和したい」そういった状態で、どうしても痛み止めを服用したい場合は、アスピリン系ではなく、イブプロフェン系のものを選びましょう。

 

イブプロフェン系の痛み止めはアスピリン系と異なり、尿酸値に影響を与えることはほとんどありません。そのため、痛風発作が悪化するといったこともありません。

 

こうしたイブプロフェン系の痛み止めなどにより痛みが緩和されたとしても、痛風自体は改善していません。そのため、痛み治まり、ある程度動けるようになったら、必ず医療機関で診察を受けましょう。