痛風 サプリメント

痛風に良いサプリメントあるの?

外食、お酒の席が多い男性を中心に発症しやすい「痛風」ですが、対策としてサプリメントが効果的です。痛風の改善・予防に禁酒、プリン体の多い食べ物を食べない、などの食事制限がありますが、それだけだとなかなか効率的な対策といえません。

 

痛風に良い成分として
  • サポニン
  • アンセリン

 

などが有効とされており、これらの成分を配合したサプリメントも数多く販売されています。当サイトは中でも実感力に長けた高品質な痛風サプリメントを厳選してランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

白井田七の特徴

白井田七は、お酒やごちそうが大好きな中年以降の男性が気にしている痛風、数値の対策におすすめしたい漢方系のサプリメントです。原料は希少な有機栽培の田七人参とつなぎの有機玄米のみというサプリメントですから実感力が抜群です。高麗人参の7倍ものサポニンを含む、田七人参のみで作っています。通常は6,480円のところ、毎月お届けコースは初回3,980円で15日間返金保証が付いてきます。

白井田七は実感力に長けています!

価格 3,980円
評価 評価5
備考 田七人参のサポニン含有

 

慈凰の特徴

慈凰は、話題のアンセリンを業界トップクラスの配合で仕上げたサプリメントです。プリン体や尿酸が気になっている方に注目されている海洋アンセリンが、1箱中に15,000mgも配合されているのは期待大。漢方の原料としても知られる菊花ポリフェノールやシークワーサーフラボノイドなどの各種成分も、尿酸や排出対策をサポートしてくれます。90粒入りで9,800円の慈凰は、今なら2箱購入でもう1箱無料プレゼントされます。

価格 9,800円
評価 評価4
備考 アンセリン

 

恵葉プレミアムの特徴

恵葉は、尿酸やプリン体が怖い!という方におすすめしたいサプリメントです。アマゾンに自生する希少ハーブのキャッツクロー、回遊魚に多く含まれるアンセリン、ポリフェノールの一種のケルセチン、葉酸、ビタミンC、海藻、よもぎ、酸化マグネシウムを絶妙にブレンドしたことで、プリン体などの排出にこだわったサプリメントに仕上がっています。約30日分が通常7,980円のところ、まとめ買いなら3本で19,800円、6本で38,400円とお得です。

価格 7,980円
評価 評価3
備考 アンセリン

 

痛風の前兆とかある?

 

痛風の発作を一度経験した方は、二度目の発作以降は予感めいたもの(前兆)を覚えるようになるとされています。何となく発作が起こりそうだと感じるようです。

 

痛風発作の経験がある方のほとんどは、この前兆を覚えるそうです。その前兆がどんなものかを文章で表現するのは困難ですが、発作が起こる数時間前から「もう間もなく発作が始まります」と告知されているように感じるものだそうです。

 

具体的には、前回に発作が発生した場所が何となくもやもやする、重たくななる、むずむずするような不快感を覚える、といったものとされています。多くの方が、文字通り前兆を感じるようです。

 

報道などで頻繁に紹介されるようになったため、このオノマトペと呼ばれる「むずむず」や「もやもや」といった言葉を耳にしたことのある方も、最近では多いでしょう。

 

患者が医師に対して痛風発作の前兆を説明しようとする場合、非常に有用な表現です。そのため、現在は臨床現場でも重要視されています。問診時などに使用されています。

 

痛風は、気温や湿度の変化などによって痛みだすよいったことはない病気です。その点、怪我やリウマチの関節痛とは大きく異なります。

 

ただ、発作が発生しやすい時間帯はあります。夜中の2時頃とされています。データの報告によると、この夜中2時頃が発症頻度が最も高くなる時間帯なのです。

 

前兆を睡眠中にも感じる、といったケースは少なくありません。以前に発作のあった部位に違和感があり、それによって目が覚めた、といった例はいくつも報告されています。

 

こういったケースでは、むやみな我慢や様子見は適切な対処ではありません。薬(痛み止め)をできるだけ早急に服用しましょう。また、発作が起こってしまった場合に備え、早急に医療機関での受診が出来るようにしておく必要があります。

 

痛風の発作を抑えるために、血液中の尿酸値を下げる薬を日常的に飲むというのが、現在唯一の痛風発作に対する治療法です。今のところ、これ以外に有効な方法はありません。

 

発作が万が一始まってしまった場合、強い痛み止めを服用し、あとは発作の治まりを待つことになります。それ以外にこれといった対策はありません。そのため、発作の前兆を覚えた際の最善の対策は、痛み止めを早めに服用し、発作に備えるといったものになります。

 

どちらかといえば、痛風はそれ単独でなる病気ではありません。痛風の患者さんは、高血圧症や動脈硬化症、高脂血症、メタボリックシンドロームなど、各種の生活習慣病を合併しているケースがとても多いです。

 

その中でも特に合併リスクが高いとされているのは、高脂血症と高血圧症です。痛風の投薬治療を行っている方は、それのみならず、食事療法や運動療法も同時に行うことが重要です。そうすることで、生活習慣病全体のリスクを下げる必要があります。

 

エビオスが痛風の原因になる?

 

エビオスというサプリメントをご存知でしょうか。そして、そのサプリメントには痛風を発症させる可能性がある、
という話を耳にしたことはありませんか。ビール酵母に含まれる栄養素を利用して作られているのが、エビオスというサプリメントです。

 

ビール酵母の持つ作用として、乳酸菌のような整腸作用がある腸内細菌を増やす、食欲を増進させる、といったものがあります。そのため、ビール酵母には弱った胃腸の動きを活発化させ、消化不良や食欲不振を改善させる効果があるとされています。

 

さらにこのサプリメントに含まれているのは、ビタミンB群やたんぱく質、ミネラル、食物繊維、必須アミノ酸(9種類全て)です。エビオスは、これら不足しがちな栄養素を手軽に補えるサプリメントとして利用されています。

 

そのエビオスが痛風を悪化させるのは、なぜなのでしょう?その理由は、エビオスに多く含まれているプリン体です。痛風の原因物質は尿酸ですが、プリン体は体内でこの尿酸に変化します。そのため、エビオスを利用することはプリン体の過剰摂取につながり、痛風には悪影響だとされています。

 

エビオスのホームページに提示されている情報によると、エビオスの1日の服用量に含まれているプリン体の量は、113.3mgとされています。この113.3mgが量として多いのかそうでないかは、これだけだとイメージがわきません。参考として、他の食品のプリン体含有量を見てみましょう。

 

以下、100gあたりのプリン体の量です。鶏レバー312.2mg、カツオ211.4mg、明太子159.3mg、納豆113.2mg、ビール4.35〜6.86mgです。こうして見てみると、エビオスのプリン体含有量113.3mgは多いといっていいでしょう。

 

エビオスのプリン体含有量は、納豆100gとほぼ同量です。ただし、納豆は1パック約40gなので、100gを食べようと思ったら2パック半食べる必要があります。毎日それだけの量を食べる人はそう多くないでしょう。

 

「高尿酸血症・痛風の治療がガイドライン」によると、プリン体摂取制限推奨の目安として、摂取量1日400mgがあげられています。エビオスを服用したとしても、その摂取量は1日400mgに及びません。そのため「エビオスの服用=痛風発症」と一概に言うことはできないでしょう。

 

とはいえ、すでに高尿酸血症や痛風を指摘されている方は注意が必要です。エビオスの服用は、主治医に相談してから行うことをおすすめします。治療としてプリン体摂取が制限されている方は、特に要注意です。エビオスは服用は控えるべきとされています。

 

エビオスには、胃腸の動きを助けたり、栄養補給をしたりといった働きがあります。これらの点からは便利なサプリメントといえるでしょう。ただ、高尿酸血症や痛風の方には、エビオスより食生活の改善による栄養補給が好ましいでしょう。食生活を改善し、栄養のバランスが取れた食事をとることで、尿酸値を低下させることと、栄養補給を同時に行うようにしましょう。

 

痛風対策はサプリが手っとり早い

 

中年以降の男性を中心にかかりやすいといわれる通風は、近年は若い男性や更年期以降の女性にも増えてきています。食生活や生活習慣の乱れ、お酒やタバコが止められないという方は、健康診断の数値が心配なのではないでしょうか。

 

しかし、いざ対策しようと思うと、生活習慣や食生活はなかなか変えられないもの。頑張ってもなかなか成果が上がらないというときは、尿酸やプリン体対策になるサプリメントを利用してみるのも一つの方法です。これまでの食生活や生活の仕方を見直して改善しつつ、サプリメントの力を借りられれば、良い変化に期待できそうですね。

更新履歴